秀吉の正体 : 希代の呪術師

月海黄樹 著

秀吉の天下取りは、賤められ闇に生きる宿命を背負わされた日本先住民たち反逆と復讐のドラマだった。秀吉はなぜ"異形"だったのか。農民出世神話を覆し、知られざる素顔に赤裸に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 もうひとつの日本を"鬼族"が支配していた!
  • 第2章 鬼たちが独占支配した職業の分布図
  • 第3章 秀吉が鬼族を縦横無尽に駆使できた理由
  • 第4章 日吉山王・勧進聖が秀吉の正体だ!
  • 第5章 秀吉に流れる高貴な血筋と戦国呪詛事情
  • 第6章 秀吉と利休の凄絶なる近親憎悪
  • 第7章 最期まで"勧進の祭り"を忠実に生きた秀吉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 秀吉の正体 : 希代の呪術師
著作者等 月海 黄樹
書名ヨミ ヒデヨシ ノ ショウタイ
書名別名 Hideyoshi no shotai
シリーズ名 Tokuma books
出版元 徳間書店
刊行年月 1995.12
ページ数 217p
大きさ 18cm
ISBN 4198502854
全国書誌番号
96030707
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想