関東中心足利時代之研究

渡辺世祐 著

本書は、室町時代後期の抗争の過程と要因を、政治および制度の側面からひろく追求した労作である。重厚な実証主義の学風に裏打ちされたこの研究は、明治の末年から大正の初めにかけてまとめられたものであるにもかかわらず、いまなおこの分野で最高の水準を維持するものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1編 総論
  • 第2編 鎌倉府創設より足利満兼時代に至る幕府と鎌倉府との関係
  • 第3編 足利持氏の時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関東中心足利時代之研究
著作者等 渡辺 世祐
書名ヨミ カントウ チュウシン アシカガ ジダイ ノ ケンキュウ
書名別名 Kanto chushin ashikaga jidai no kenkyu
出版元 新人物往来社
刊行年月 1995.11
版表示 改訂版.
ページ数 469p
大きさ 22cm
ISBN 4404022964
NCID BN13817391
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想