日本教概説 : 民族融和の道は八百万神のみ

小崎建吾 著

ニッポン人の正体を明かす。神多き国特有の真理を鋭く指摘し、世界平和における日本の役割を説く書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本教とは
  • 第1章 絶対的な真理の不在
  • 第2章 死刑論議
  • 第3章 武士道の死生観
  • 第4章 神々の成り立ち
  • 第5章 日本の仏教
  • 第6章 聖徳太子(隠された古代史)
  • 第7章 日本教の変遷
  • 第8章 近代の日本教
  • 第9章 これからの日本教
  • 終章 高度な八百万の神政治へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本教概説 : 民族融和の道は八百万神のみ
著作者等 小崎 建吾
書名ヨミ ニホンキョウ ガイセツ
書名別名 Nihonkyo gaisetsu
出版元 近代文芸社
刊行年月 1995.12
ページ数 228p
大きさ 20cm
ISBN 4773348259
NCID BN14435630
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想