消えた印刷職人 : 活字文化の揺籃期を生きた男の生涯

ジャン=ジル・モンフロワ 著 ; 宮下志朗 訳

いまを去る四百年前、宗教戦争の嵐が吹きあれた16世紀末ヨーロッパ。-腕ききの印刷職人はどこへ姿をくらましたのか。本の都市リヨンで徒弟として修業をかさねた若き植字工アベルは、ジュネーヴで夢にまで見た印刷工房の親方となった。しかし、美しく奔放な妻マルゴを雇いの刷り工に寝取られ、波瀾万丈の遍歴の旅がはじまる…。本づくりに情熱をもやした一人の男の浮き沈みのはげしい生涯を追い、ルネサンス末期の出版文化をになった人びとの魅力あふれる世界を活写する、秀逸な歴史小説。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 消えた印刷職人 : 活字文化の揺籃期を生きた男の生涯
著作者等 Monfroy, Jean-Gilles
宮下 志朗
Monfroy Jean‐Gilles
モンフロワ ジャン・ジル
書名ヨミ キエタ インサツ ショクニン
書名別名 Maître Abel,ou,L'imprimeur trompé
出版元 晶文社
刊行年月 1995.12
ページ数 174p
大きさ 20cm
ISBN 4794962398
NCID BN13705547
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想