よみがえる台湾文学 : 日本統治期の作家と作品

下村作次郎 ほか編

1994年11月、台湾・清華大学で開催された"日本統治期台湾文学国際シンポジウム"に基づく日・台・米20編の論文を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦前台湾社会運動の発生と新文学運動の始まり
  • 社会主義思潮の影響下における郷土文学論争と台湾話文運動
  • 「大東亜戦争」期の台湾における読書市場の成熟と文壇の成立-皇民化運動から台湾ナショナリズムに至る道
  • 戦争と文壇-盧溝橋事変後の台湾文学活動の復興
  • 徴用作用たちの「戦争協力物語」-決戦期の台湾文学
  • 淪陥時期北京文壇の台湾作家三銃士
  • 頼和の漢詩-小逸堂時代から治警事件前後まで
  • 頼和と台湾左翼文学の系譜-植民地作家の抵抗と挫折
  • 頼和の「帰家」と魯迅の「故郷」
  • 日本人の印象の中の台湾人作家・頼和〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よみがえる台湾文学 : 日本統治期の作家と作品
著作者等 下村 作次郎
中島 利郎
藤井 省三
黄 英哲
書名ヨミ ヨミガエル タイワン ブンガク
書名別名 Yomigaeru taiwan bungaku
出版元 東方書店
刊行年月 1995.10
ページ数 564p
大きさ 22cm
ISBN 4497954625
NCID BN13474943
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030060
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想