シェイクスピアのディスガイズの系譜 : ヒロインの男装・支配者の変装を中心に

細川真 著

[目次]

  • 1 Shakespeareのディスガイズ序説-男装するヒロイン・変装する支配者とその背景を中心に
  • 2 ディスガイズとしての「人違い」と家父長制-The Comedy of Errors論
  • 3 Juliaのディスガイズと偽り・演技・求愛儀礼-The Two Gentlemen of Verona論
  • 4 Kateの「ディスガイズ」と両性具有-The Taming of the Shrew論
  • 5 「不調和の調和」-The Merchant of Veniceにおける理想のヴィジョン
  • 6 The Maturity of the King through Disguise in Henry V
  • 7 全体性(不一致の一致)の場としてのArdenの森-As You Like It論
  • 8 Twelfth Nightにおけるディスガイズの光と翳
  • 9 Measure for Measureにおける二つのディスガイズ-ベッド・トリックと支配者の変装
  • 10 ディスガイズの衰弱-Cymbelineの場合
  • 11 Prosperoの見える変装/見えない変装-The Tempest論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シェイクスピアのディスガイズの系譜 : ヒロインの男装・支配者の変装を中心に
著作者等 細川 真
書名ヨミ シェイクスピア ノ ディスガイズ ノ ケイフ
書名別名 Sheikusupia no disugaizu no keifu
出版元 学書房
刊行年月 1995.4
ページ数 285p
大きさ 22cm
ISBN 4761800550
NCID BN12598033
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96030066
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想