若さま黄金絵図

左近隆 著

亀戸天神近くで、着流しに雪駄履きだが、腰の大刀や印籠も立派なただの浪人者とは思われない若侍に、濡髪お仙が声をかけた。先程、その袂に袱紗包みを押し込んでいたのだ。そのお仙を追って、勤番風の二本差しが二人、おっとり刀で駆けつけてきた。若侍は、やむなくお仙を庇うこととなった。あらためて名乗るほどではないが、"姓はなりひら名は天狗"という若侍の牛若丸のような天狗技で、一挙に勝負は決せられていたのだった。妖艶とでもいうべき年増ぶりのお仙に頼られることになった"なりひら天狗"に、さらに危難が追いかけてくる。はたして、謎の袱紗包みの中身は。そして、両人の行末は…。-十万両の黄金の謎を秘めた絵図面をめぐる上総大多喜二万石、大河内家の事件とは。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 若さま黄金絵図
著作者等 左近 隆
書名ヨミ ワカサマ オウゴン エズ
書名別名 Wakasama ogon ezu
シリーズ名 春陽文庫
出版元 春陽堂書店
刊行年月 1995.12
ページ数 239p
大きさ 16cm
ISBN 4394156378
全国書誌番号
96029980
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想