めぐり逢いはAの奇跡

山浦弘靖 著

星子の高校の校医になって現れたハンサム医師の早乙女に『君のお腹に赤ちゃんがいる』と告げられた星子。宙太は大喜びだが、星子の気持ちはちょっぴりフクザツ。そこに、右京の婚約者だった亜利沙が危篤だという知らせが届いた。驚いて病院に駆けつけた星子と宙太だが、亜利沙は帰らぬ人となってしまう。『右京さんは、あなたを愛している』という亜利沙の最期の言葉に心動かされる星子は。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 めぐり逢いはAの奇跡
著作者等 山浦 弘靖
書名ヨミ メグリアイ ワ エース ノ キセキ
書名別名 Meguriai wa esu no kiseki
シリーズ名 星子&宙太ふたり旅
コバルト文庫
出版元 集英社
刊行年月 1995.12
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 4086141426
全国書誌番号
96029966
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想