死化粧山脈

梓林太郎 著

東京の会社員・安出川正浩が北アルプスで連絡を絶った。捜査にあたった長野県警豊科署は、蝶ケ岳〜常念岳間の沢筋で死体を発見、検死官は疲労凍死と推定したが、捜査陣は現場付近の木の枝に結ばれていた赤い布切れに着目した。積雪時の道標として用いる赤い布が、稜線上や登山道にあるのは当然だが、なぜ彼が迷い込んだ沢筋にあったのか。人情刑事・道原伝吉の推理が冴える連作山岳ミステリー。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 死化粧山脈
著作者等 梓 林太郎
書名ヨミ シゲショウ サンミャク
書名別名 Shigesho sanmyaku
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1996.1
ページ数 284p
大きさ 16cm
ISBN 419890443X
NCID BN15527086
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
岩の降る谷 梓 林太郎
岩尾根の告発 梓 林太郎
断崖の絵 梓 林太郎
旅さきの女 梓 林太郎
雪の蝶 梓 林太郎
霧の道標 梓 林太郎
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想