火輪の王国 : 炎の蜃気楼18  烈風編

桑原水菜 著

直江に大将の座を奪われ、謙信に裏切られた高耶は、疑心暗鬼にとらわれて千秋に襲いかかった。千秋を吹っ飛ばしさらに念を撃ち込もうとした瞬間、高耶の『力』の制御が効かなくなった。千秋に直江の死の真実を告げられた高耶は、ひとりで去っていくのだった。一方、島津との戦いが続く古城高校では、ついに『黄金蛇頭』が樹里たち大友によって発掘され、凄まじい威力を現そうとしていた。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 火輪の王国 : 炎の蜃気楼18
著作者等 桑原 水菜
書名ヨミ カリン ノ オウコク
シリーズ名 コバルト文庫
巻冊次 烈風編
出版元 集英社
刊行年月 1996.1
ページ数 247p
大きさ 15cm
ISBN 4086141280
NCID BA68426529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029880
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想