赤い雲伝説殺人事件

内田康夫 著

東京で、素人画家・小松美保子の「赤い雲」の絵を買った老人が殺害され、その絵が消失した。一見、何の価値もないと思われる風景画に秘められた重大な謎を追って、名探偵・浅見光彦は被害者の出身地、瀬戸内海の小島"寿島"に向かったが、そこでは原発誘致がからんで村が二分され大きく揺れ動いていた。「赤い雲」に触発され現代に甦った平家落人の掟。佐和との愛を忘れたかのように美保子の誘惑に落ちる浅見の恋と名推理。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 赤い雲伝説殺人事件
著作者等 内田 康夫
書名ヨミ アカイ クモ デンセツ サツジン ジケン
書名別名 Akai kumo densetsu satsujin jiken
シリーズ名 Hiten novels
出版元 飛天
刊行年月 1995.5
ページ数 250p
大きさ 18cm
ISBN 493874290X
全国書誌番号
96029855
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想