狩野派絵画史

武田恒夫 著

日本絵画史上の狩野派は、四百年にわたり強大な勢力を形成し、画壇での枢要な位置を占めてきた。本書はその発端・成立から大成・変容・展開・終焉の史的流れを実証的に跡づけた最初の書。流派活動を後援した支持層を詳述し、独創的な狩野派史論を展開する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 成立
  • 2 大成
  • 3 変容
  • 4 展開
  • 5 協業

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 狩野派絵画史
著作者等 武田 恒夫
書名ヨミ カノウハ カイガシ
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1995.12
ページ数 468, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4642074759
NCID BN13598469
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想