農村医療の現場から : 農村・健康管理・食生活

松島松翠 著

農村の健康は多少改善されたけれど、農村の民主化はまだ遅々たる歩みである。住民主体の医療をうちたてるには、まだ多くの時間がかかる…。佐久病院に赴任して40年、農民の健康一すじに取り組んできた著者が、これまでの実践を総括し、生産者と消費者の連帯の中に、農村の将来を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 農薬と健康問題(農薬による中毒事故の状況
  • 農薬による健康影響の問題
  • 農薬による食品・環境・人体汚染
  • 農薬問題と今後の取り組み)
  • 2 農村における健康管理活動(佐久病院における地域健康管理活動
  • 住民による地域保健活動
  • 協同組合のくらしと健康を守る運動)
  • 3 食と健康を考える(食品の安全性について
  • 食生活と栄養バランスについて
  • 食料の確保と供給について ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農村医療の現場から : 農村・健康管理・食生活
著作者等 松島 松翠
書名ヨミ ノウソン イリョウ ノ ゲンバ カラ
書名別名 Noson iryo no genba kara
シリーズ名 勁草-医療・福祉シリーズ 65
出版元 勁草書房
刊行年月 1995.12
ページ数 183p
大きさ 20cm
ISBN 432679898X
NCID BN13678400
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想