口唇裂・口蓋裂の治療:最近の進歩

上石弘 著

本書では、治療の現状こそ進歩の最前線であるとの考えから、口唇裂・口蓋裂の治療における最近の進歩を探った。口唇裂・口蓋裂の手術では患者の数だけヴァリエーションがあり、術者の数だけ術式があるとまでいわれることがある。これまで実に多くの考案がなされてきたが、今日では、大半の症例では初回手術だけでQOLに支障をきたすこともなく解決できるまでに至っている。このような現状を支えている基盤には新しい治療概念の導入、新しい治療技術の開発、術式の精巧化などがあり、随所に紹介した。またテーマによっては異なった考え方もあり、それを補足し新しい考え方の位置付けや普遍的な見解にも配慮してコメント形式による解説をした。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 口唇裂・口蓋裂の治療:最近の進歩
著作者等 上石 弘
書名ヨミ コウシンレツ コウガイレツ ノ チリョウ サイキン ノ シンポ
シリーズ名 形成外科advanceシリーズ Ⅰ-7
出版元 克誠堂
刊行年月 1995.7
ページ数 201p
大きさ 30cm
ISBN 4771901619
NCID BN12890374
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029373
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想