ベクトルの積はなぜ必要か

青野修 著

数学的手法は、物理を学ぶにあたり、良いにつけ悪いにつけ、これをマスターするかんじんかなめなポイントとなる。本書はこのポイントを「かゆいところに手のとどくように」解説しようとするもの。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ベクトル
  • 2章 簡単の図形
  • 3章 円錐曲線
  • 4章 球面三角法
  • 5章 回転運動
  • 6章 惑星運動
  • 7章 ラザフォード散乱
  • 8章 電磁場

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ベクトルの積はなぜ必要か
著作者等 青野 修
大槻 義彦
有馬 朗人
書名ヨミ ベクトル ノ セキ ワ ナゼ ヒツヨウ カ
書名別名 Bekutoru no seki wa naze hitsuyo ka
シリーズ名 物理数学one point 14
出版元 共立
刊行年月 1995.12
ページ数 102p
大きさ 19cm
ISBN 4320033140
NCID BN13606206
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029298
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想