行為と社会システムの理論 : 構造・機能・変動理論をめざして

富永健一 著

[目次]

  • 第1部 行為理論と社会学(社会学的分析の単位
  • 行為理論のミクロ的源流(1)-ダイアド的相互行為論
  • 行為理論のミクロ的源流(2)-シンボル的相互行為論
  • 行為理論のマクロ的源流(1)-マックス・ヴェーバーの行為理論
  • 行為理論のマクロ的源流(2)-パーソンズの行為理論 ほか)
  • 第2部 社会システム理論と社会学(社会システム概念の方法論的出発点
  • 機能分析のモデルとしての社会システム
  • 相互依存分析のモデルとしての社会システム
  • システム‐環境分析のモデルとしての社会システム
  • システム変動分析のモデルとしての社会システム ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 行為と社会システムの理論 : 構造・機能・変動理論をめざして
著作者等 富永 健一
書名ヨミ コウイ ト シャカイ システム ノ リロン
書名別名 Koi to shakai shisutemu no riron
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1995.11
ページ数 226, 9p
大きさ 22cm
ISBN 4130501313
NCID BN13476483
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029192
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想