経済史の理論

J.R.ヒックス 著 ; 新保博, 渡辺文夫 訳

二十世紀を代表する理論経済学の巨匠ヒックスが、「市場の勃興」を中心に世界経済史の道筋を理論的に解説。古代地中界世界の都市国家で活躍した商人がその交易活動によって「市場の浸透」の第一局面を開拓。続いて古代ローマにおける貨幣や法の整備、中世イタリアの銀行など信用制度の発達による中期の局面を経て、産業革命期の近代で市場経済が支配的になったとした。現代経済社会の理解に必携の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理論と歴史
  • 第2章 慣習と指令
  • 第3章 市場の勃興
  • 第4章 都市国家と植民地
  • 第5章 貨幣・法・信用
  • 第6章 国家の財政
  • 第7章 農業の商業化
  • 第8章 労働市場
  • 第9章 産業革命
  • 第10章 結論
  • 付論 リカードの機械論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 経済史の理論
著作者等 Hicks, John
Hicks, John Richard, Sir
新保 博
渡辺 文夫
Hicks John Richard
ヒックス J.R.
書名ヨミ ケイザイシ ノ リロン
書名別名 A theory of economic history

Keizaishi no riron
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.12
ページ数 320p
大きさ 15cm
ISBN 4061592076
NCID BN1361469X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029098
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想