価値論の復位

高島善哉 著 ; 渡辺雅男 編・解説

「価値論の復位」をスローガンにして、さっそうと登場し、生産力と技術と生産関係の概念関係を、アダム・スミスの市民社会論をふまえて展開した珠玉の新編集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 価値論の復位(価値論の復位
  • 体制概念と価値法則-一つの経済社会学的反省
  • スミス‐リスト‐マルクス
  • 価値論の新しい出発)
  • 2 生産力理論の構想(生産力の構造
  • 生産力理論の課題-一つの問題提起
  • 生産力と価値
  • 技術と生産力-戦後の技術論争に寄せる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 価値論の復位
著作者等 渡辺 雅男
高島 善哉
書名ヨミ カチロン ノ フクイ
書名別名 Kachiron no fukui
シリーズ名 戦後日本思想の原点 10
こぶし文庫 10
出版元 こぶし書房
刊行年月 1995.12
ページ数 252p
大きさ 20cm
ISBN 487559089X
NCID BN13604142
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029097
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想