境界を超えて : シャーマニズムの心理学

ドナルド・リー・ウィリアムズ 著 ; 鈴木研二, 堀裕子 訳

文化人類学者カルロス・カスタネダが著した一連のドン・ファン・シリーズが、今、精神的空白の時代を生きる私たちに持つ意味とは何か。カスタネダの初期の5冊を、神話や伝説、童話、著者自身の臨床体験や夢の実例をもとに、心理学的に解釈した意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 基礎となるイメージ群
  • 第2章 狩人の流儀
  • 第3章 戦士の道
  • 第4章 見る者のあり方
  • 第5章 シャーマンの飛翔
  • 第6章 試練と新たな事実

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 境界を超えて : シャーマニズムの心理学
著作者等 Williams, Donald Lee
堀 裕子
鈴木 研二
ウィリアムズ ドナルド・リー
書名ヨミ キョウカイ オ コエテ
書名別名 Border crossings

Kyokai o koete
出版元 創元社
刊行年月 1995.12
ページ数 288p
大きさ 20cm
ISBN 4422111701
NCID BN13608449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028843
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想