国際社会における法の普遍性と固有性 : 経済のグローバル化と日米欧における法の発展

日本比較法研究所 編

[目次]

  • 第1編 国際社会における法の普遍性と固有性(ヨーロッパ統合とドイツ憲法の改正-両院合同憲法委員会報告書から
  • ヨーロッパ私法の形成について-EC法の展開を中心に
  • 製造物責任に関するヨーロッパ法律実務の現状-電力に関する責任を中心として
  • 経済のグローバル化と経済法の国際的調整-日米貿易経済摩擦とEU単一市場形成の場合を中心として
  • 日米経済摩擦について)
  • 第2編 日本比較法研究所第2回シンポジウム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国際社会における法の普遍性と固有性 : 経済のグローバル化と日米欧における法の発展
著作者等 日本比較法研究所
書名ヨミ コクサイ シャカイ ニ オケル ホウ ノ フヘンセイ ト コユウセイ
書名別名 Kokusai shakai ni okeru ho no fuhensei to koyusei
シリーズ名 日本比較法研究所研究叢書 33
出版元 中央大学出版部
刊行年月 1995.11
ページ数 302p
大きさ 22cm
ISBN 4805705329
NCID BN13635689
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96029056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想