中央アジア歴史群像

加藤九祚 著

「神の作った世界のなかで最も美しい国」と呼ばれ古代ソグド人の時代から現代まで、二千数百年にわたって幾多の民族や文明が栄え、様々な文化や宗教が交錯してきた中央アジア。この地を舞台に戦ったアレクサンドロス、チンギス・ハン、チムールら征服者とその抵抗者たち、さらにはイブン・シーナら学者、詩人たちの生涯を生きいきと描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 古代の栄光と悲惨
  • 第2章 ペルシア、イスラム文化の時代
  • 第3章 征服者の時代
  • 第4章 シルクロード文明の精華
  • 終章 北方の巨人の脅威

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中央アジア歴史群像
著作者等 加藤 九祚
書名ヨミ チュウオウ アジア レキシ グンゾウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1995.11
ページ数 225, 3p
大きさ 18cm
ISBN 4004304199
NCID BN13468995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想