継体王朝の謎 : うばわれた王権

宇治市教育委員会 編

よみがえる大王の時代。九州北部。筑紫で起こった磐井の反乱。『日本書紀』に記された「任那」=伽耶地域の支配をめぐる新羅・百済と倭の対立-。激動する六世紀東アジアを視野に、謎の大王・継体の実像を検証する。宇治市制40周年記念シンポジウム。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基調報告(継体朝という時代
  • 京都の古墳動向と継体朝 ほか)
  • 討論
  • コラム(宇治二子塚をめぐって
  • 古墳後期の古市古墳群 ほか)
  • シンポジウムを終えて(山城の首長権の特質と二子塚
  • 今後への期待)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 継体王朝の謎 : うばわれた王権
著作者等 和田 晴吾
和田 萃
宇治市教育委員会
杉本 宏
柳沢 一男
森田 克行
白石 太一郎
笠井 敏光
荒川 史
赤塚 次郎
車崎 正彦
都出 比呂志
青木 豊昭
書名ヨミ ケイタイ オウチョウ ノ ナゾ
書名別名 Keitai ocho no nazo
出版元 河出書房新社
刊行年月 1995.12
ページ数 240p
大きさ 20cm
ISBN 4309222854
NCID BN13703268
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028940
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想