旧約聖書物語 : 歴史に働きたもう神

北森嘉蔵 著

信仰によってさえも見通し得ないような不透明な現実-神の御心の外へと背き出た人間の悪に、神はいかに働きたもうのか。信仰とは、この神の働きへの信仰にほかならない。日本を代表する神学者が、旧約聖書の「出エジプト記」以降、「士師記」「サムエル記」等をへて「列王紀」までを読み解き、「歴史に働きたもう神」のさまざまな姿を明らかにしつつ神への信仰のあり方を改めて問い直した刮目の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 出エジプト記
  • レビ記
  • 民数記
  • 申命記
  • ヨシュア記
  • 士師記
  • ルツ記
  • サムエル記
  • 列王紀

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 旧約聖書物語 : 歴史に働きたもう神
著作者等 北森 嘉蔵
書名ヨミ キュウヤク セイショ モノガタリ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1995.12
ページ数 806p
大きさ 15cm
ISBN 4061592084
NCID BN13614747
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想