道元の生涯

ひろさちや 原作 ; 七瀬カイ 漫画

建暦2年(1212)春。13歳の道元はある夜、天台僧である叔父・良観法眼を訪ね、出家を願う。それは亡き母の願いでもあった。しかし、比叡山での修行に疑問を感じた道元は、二年で下山、「禅」に真の仏道を見出していく-。真の師を探し求め、入宋した道元は運命の人・如浄禅師との出会いによって大悟の瞬間を迎えるのであった-。『正法眼蔵』を著し、「ひたすら坐禅すること(只管打坐)」を貫いた日本曹洞宗の祖・道元の生涯をたどる。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 道元の生涯
著作者等 ひろ さちや
七瀬 カイ
書名ヨミ ドウゲン ノ ショウガイ
シリーズ名 仏教に生きた人たち 82
仏教コミックス 82
出版元 鈴木
刊行年月 1995.12
ページ数 153p
大きさ 22cm
ISBN 479021916X
NCID BN15310903
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想