カウンセリング

伊東博 著

ロジャーズ、マズロー、ロロ・メイなどのヒューマニスティック心理学を下敷きにし、老子、荘子、禅仏教、夏目漱石など、東洋思想や日本人の生き方からカウンセリングを見直し、日本のカウンセリングを探し求めて、身心一如の「ニュー・カウンセリング」にいたる。病理よりも健康の心理学を求め、文化と教養をカウンセラーの必要条件とみなす、ユニークなカウンセリングが提示される。『新訂・カウンセリング』を全面的に改訂した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 本書を読む前に
  • 2 カウンセリングとは何か-カウンセリングについての誤解と論争点
  • 3 わが国の近代カウンセリングの発祥
  • 4 アメリカの近代カウンセリングの発祥
  • 5 カウンセリングの人間観-人間存在の本質
  • 6 カウンセリングにおける人間理解
  • 7 カウンセラーの条件と東洋の思想
  • 8 ヒューマニスティック心理学の観点
  • 9 身心一如の「ニュー・カウンセリング」
  • 付章 「カウンセラー・テスト」作成の過程と実施の結果について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カウンセリング
著作者等 伊東 博
書名ヨミ カウンセリング
書名別名 Kaunseringu
出版元 誠信書房
刊行年月 1995.12
版表示 第4版.
ページ数 239p
大きさ 20cm
ISBN 4414403383
NCID BN02431971
BN02568488
BN13668305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028845
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想