博物館学 : フランスの文化と戦略

西野嘉章 著

展示公開の旧態から歴史の現在性へ。街になった博物館、大ルーヴル改造計画。文人政治家アンドレ・マルロー、鋭敏な美術史家アンドレ・シャステルそして文化大臣ジャック・ラングの手になる文化事業推進のドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 学芸制度改革(博物館制度
  • 文化財保存監督官制度 ほか)
  • 第2章 継続的事業(総目録
  • 歴史建造物 ほか)
  • 第3章 大ルーヴル建設(改造前史
  • 計画立案と改修工事 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 博物館学 : フランスの文化と戦略
著作者等 西野 嘉章
書名ヨミ ハクブツカンガク
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1995.11
ページ数 203, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4130033085
NCID BN13474229
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028821
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想