Thinking editor Mandal-Art for Macintoshとは何か? : 頭脳を活性化させ、思考をデザインするツールの誕生

今泉浩晃 著

3×3=9つのマス目の中心にテーマを置き、8方向に展開し、縦、横、斜めにながめて考えることで、柔軟で豊かな思考を導き、まとめ上げ、表現できる「超」発想法マンダラート。そして今、発想支援ツールとして誕生したThinking Editor Mnadal‐Art for Macintoshが可能にする思考デザインのノウハウをあますところなく解説し、頭を上手に使って、企画し計画し行動し、創造的に生きる方法を説き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 Workshop"Planning"(1)-企画書とは夢やアイデアの自己紹介なんだ
  • 第2章 Worshop"Planning"(2)-夢には夢の学がある
  • 第3章 Workshop"Planning"(3)-自分のための企画書づくり・私の夢の実現
  • 第4章 脳のSoftware-思考をデザインする
  • 第5章 Paradigm Shift-思考は新しい枠組みを求めている
  • 第6章 Day by Day-生活技術としての思考・生活をデザインする
  • 第7章 知のNetwork-創造のためのブースター
  • 第8章 New Writing Space-再び思考のデザインを考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Thinking editor Mandal-Art for Macintoshとは何か? : 頭脳を活性化させ、思考をデザインするツールの誕生
著作者等 今泉 浩晃
書名ヨミ シンキング エディタ マンダラート フォー マッキントッシュ トワ ナニカ
書名別名 Shinkingu edita mandarato fo makkintosshu towa nanika
出版元 実務教育
刊行年月 1995.11
ページ数 302p
大きさ 21cm
ISBN 4788916738
NCID BN14012648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想