パパはプリンス

レベッカ・ウインターズ 作 ; 高杉啓子 訳

「僕たちのおませな娘は、楽しんでるみたいだね」六歳の娘と、くるみ割り人形のバレエを観に来た劇場のロビーで、メグは突然、声をかけられた。まさか、彼がここにいるはずないわ。だが、振り向いた目に映ったのは、モスクワの空港で別れたきりの、忘れもしないあの男の姿だった。黒い髪に深いブルーの瞳。くるみ割りの王子を思わせるコンは、七年前よりはるかに魅力を増していた。彼は娘のアンナと私の三人で暮らすために来たという。でも、コンの言うことなんて信じられない。かつて、KGBの使命のために平然と私を利用した男だもの。きっとアンナを手なずけて、ロシアに連れていくつもりなんだわ。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パパはプリンス
著作者等 Winters, Rebecca
高杉 啓子
ウインターズ レベッカ
書名ヨミ パパ ワ プリンス
書名別名 Papa wa purinsu
シリーズ名 ハーレクイン・イマージュ I978
出版元 ハーレクイン
刊行年月 1995.12
ページ数 156p
大きさ 17cm
ISBN 4833539780
全国書誌番号
96028434
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想