鳥啼村の惨劇

吉村達也 著

推理作家・朝比奈耕作の作品をドラマ化する話が持ち込まれた。原作との違いに態度を硬化させた朝比奈だったが、ロケ先を聞いたとたん顔色を変えた。舞台は伊豆諸島最南端・青ヶ島。そこには深い緑に囲まれた鳥啼村があった。父・耕之介の残した四行詩が次なる事件を暗示する。「惨劇の村」シリーズ第二弾。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鳥啼村の惨劇
著作者等 吉村 達也
書名ヨミ トリナキムラ ノ サンゲキ
書名別名 Torinakimura no sangeki
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1995.12
ページ数 327, 6p
大きさ 16cm
ISBN 4198904383
全国書誌番号
96028311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想