壇の浦残花抄

安西篤子 著

屋島の合戦の折、扇をかざした小舟に乗っていた玉虫の前。平家滅亡後、建礼門院らとともに、義経に伴われ、都に連れ戻される。途中、明石浦で、御座船に召され、一夜を契る。が、屋島での義経の顔の禍々しさを思い浮かべ、心の中の「暗い淵のようなもの」を感じる。ごく軽い身分の生まれの玉虫の前が覗いた、御大将の姿。表題作ほか、歴史の表舞台に立つことのなかった女たち11人を描いた短編集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 壇の浦残花抄
著作者等 安西 篤子
書名ヨミ ダンノウラ ザンカショウ
書名別名 Dannoura zankasho
シリーズ名 集英社文庫
出版元 集英社
刊行年月 1995.12
ページ数 254p
大きさ 16cm
ISBN 4087484149
全国書誌番号
96028300
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想