世界を駆ける男  上

邦光史郎 著

「不況の時に伸びてこそ本物であり、底力のある会社といえるのであって…」。三洋電機を1兆円企業に育てあげた名経営者、井植薫が社長に就任した時の抱負だった。アメリカとの経済摩擦が火をふきはじめ、ドルショックが押し寄せようとしていた昭和46年のことであった。その時期-「嵐の中へ乗りだす船長」と譬えられた井植社長と、三洋電機の企業戦士たちが景気後退の波に、敢然と挑む姿を描く。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界を駆ける男
著作者等 邦光 史郎
書名ヨミ セカイ オ カケル オトコ
書名別名 Sekai o kakeru otoko
シリーズ名 集英社文庫
巻冊次
出版元 集英社
刊行年月 1995.12
ページ数 376p
大きさ 16cm
ISBN 4087484157
NCID BA56640736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028290
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想