五芒星桔梗の寺殺人事件 : 赤かぶ検事奮戦記

和久峻三 著

老舗「櫟本呉服店」の御曹子・櫟本宗太郎の変死体が一条戻橋で発見された。右手には一輪の桔梗の花がしっかりと握られ、内ポケットには「晴明桔梗」の紋をあしらった護符が入っていた。しかし、宗太郎の葬儀のわずか二時間後、カメラマンの藤木泰子が、天得院で宗太郎を見かけたという。赤かぶ検事は泰子に接触をはかるがその矢先、やはり一輪の桔梗を握りしめた泰子の変死体が発見された…。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 五芒星桔梗の寺殺人事件 : 赤かぶ検事奮戦記
著作者等 和久 峻三
書名ヨミ ゴボウセイ キキョウ ノ テラ サツジン ジケン
書名別名 Gobosei kikyo no tera satsujin jiken
シリーズ名 徳間文庫
出版元 徳間書店
刊行年月 1995.12
ページ数 253p
大きさ 16cm
ISBN 4198904391
全国書誌番号
96028270
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想