荒野論

小林恭二 著

徳を尊ばれた男が、荒野の国の人々に謀殺された後に鬼と化し、迷いの世界を生きかわり死にかわる姿を説話的に描く表題作ほか、現代の生を根源的に凝視する第一短篇小説集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荒野論
著作者等 小林 恭二
書名ヨミ コウヤロン
シリーズ名 福武文庫
出版元 ベネッセコーポレーション
刊行年月 1995.12
ページ数 234p
大きさ 15cm
ISBN 4828857540
NCID BN14454442
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028262
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ゴブリン 小林 恭二
シャレーへ 小林 恭二
六十有余年にわたってN氏をとりまき続けたきわめて粘着質の霧について 小林 恭二
夜景 小林 恭二
斜線を引く 小林 恭二
荒野論 小林 恭二
記憶 小林 恭二
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想