仮面の神学 : 三島由紀夫論

富岡幸一郎 著

唐突とも見られた「三島自決」に体現されていたわが国・近代精神を覆う恐るべき悲劇を論証し、相対的考え方だけが横行する不毛と頽廃を撃つ。本然の基軸を示す、気鋭渾身の卓越した批評集。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「近代」の自裁-三島由紀夫の「死」
  • 世界像の解体-『豊饒の海』
  • 仮面の「神学」-『英霊の声』以降
  • 空っぽの「近代」-『英霊の声』と『抱擁家族』
  • 神さすらひたまふ-天皇と三島由紀夫(上)
  • 虐殺されしもの-天皇と三島由紀夫(下)
  • 受肉という思想
  • エーテック-『金閣寺』の美と倫理
  • 三島由紀夫と吉田満-二十五年の後に

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仮面の神学 : 三島由紀夫論
著作者等 富岡 幸一郎
書名ヨミ カメン ノ シンガク
書名別名 Kamen no shingaku
出版元 構想社
刊行年月 1995.11
ページ数 206p
大きさ 20cm
ISBN 4875740611
NCID BN13668531
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想