ウシ国沖縄・闘牛物語

謝花勝一 著

ウシ国。闘牛の盛んな本島中部(石川、貝志川等)の飼い主らは「本場」の自負と誇りを込めて自分たちの地域をこう表現する。日本を闘牛地図で見れば沖縄はまさしくウシ国である。闘牛の魅力は砂塵をあげて巨体が激突する迫力にあるが、人間くさい牛の個性も共感を呼ぶ。本書は牛と人間の哀感にもスポットを当て、闘牛の新らしい魅力をも引き出している。沖縄の人に育まれ続く闘牛。闘牛を知れば沖縄に生まれたことの喜びが倍増することを本書は教えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 歴史と魅力
  • 闘牛の知識・闘牛用語
  • 闘牛士群像
  • 名牛・名勝負物語
  • 闘牛あれこれ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウシ国沖縄・闘牛物語
著作者等 謝花 勝一
書名ヨミ ウシコク オキナワ トウギュウ モノガタリ
シリーズ名 おきなわ文庫 73
出版元 ひるぎ社
刊行年月 1989.5
ページ数 184p
大きさ 18cm
NCID BN12903454
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96028115
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想