全身麻酔のすすめ : 現役麻酔科医が鳴らす手術への警鐘

橋内章, 中村匡信 著

手術侵襲とは何か、その時、生体内ではどのような反応が起きているのか、回復へ向かうのか、死へ向かうのか。人体の生理学を中心に据えながら、麻酔のメカニズムから手術後の問題について解説した画期的な書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 手術中の生命維持(迷信と誤解
  • 全身麻酔
  • 局所麻酔
  • 全身麻酔を受けるとバカになる?
  • 隠し続けられた真実)
  • 第2部 手術後からの生還(手術後の人間の生理的反応
  • 手術後のトラブルのメカニズムとその対策)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 全身麻酔のすすめ : 現役麻酔科医が鳴らす手術への警鐘
著作者等 中村 匡信
橋内 章
書名ヨミ ゼンシン マスイ ノ ススメ
出版元 真興交易・医書出版部
刊行年月 1995.11
ページ数 409, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4880031143
NCID BN13436015
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027698
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想