ギリシア数学のあけぼの

上垣渉 著

[目次]

  • 第1章 自然を語る人々
  • 第2章 自然哲学の始祖 タレス
  • 第3章 神秘の人 ピュタゴラス
  • 第4章 ピュタゴラス派の数論
  • 第5章 ピュタゴラス派の音楽論
  • 第6章 ピュタゴラス派の幾何学
  • 第7章 ピュタゴラス派の天文学
  • 第8章 学ばれるべきもの-数学
  • 補章 ギリシア数学の発展

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ギリシア数学のあけぼの
著作者等 上垣 渉
書名ヨミ ギリシア スウガク ノ アケボノ
書名別名 Girishia sugaku no akebono
シリーズ名 ファラデーブックス
出版元 日本評論社
刊行年月 1995.12
ページ数 237p
大きさ 19cm
ISBN 453560715X
NCID BA62265697
BN13607898
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027661
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想