組織の盛衰 : 何が企業の命運を決めるのか

堺屋太一 著

業績低迷する企業。硬直した官僚機構。戦後の未曾有の繁栄をもたらした日本的組織を、今、何が蝕んでいるのか。本書では豊臣家、帝国陸海軍等の巨大組織のケース・スタディーから、「成功体験への埋没」「機能体の共同体化」「環境への過剰適応」という、三つの「死に至る病」を検証。時代の大転換期を生き抜く、新しい組織のあり方を提唱する。著者二十年の組織論研究を集大成した現代の名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 巨大組織の生成から崩壊まで
  • 第2章 組織とは何か
  • 第3章 組織管理の機能と適材
  • 第4章 組織の「死に至る病」
  • 第5章 社会が変わる、組織が変わる
  • 第6章 これからの組織

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 組織の盛衰 : 何が企業の命運を決めるのか
著作者等 堺屋 太一
書名ヨミ ソシキ ノ セイスイ
書名別名 Soshiki no seisui
シリーズ名 PHP文庫
出版元 PHP研究所
刊行年月 1996.1
ページ数 326p
大きさ 15cm
ISBN 4569568513
NCID BA35478913
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027532
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想