ボーイスカウト : 二〇世紀青少年運動の原型

田中治彦 著

英国軍人ベーデン・パウエル(B‐P)は大英帝国の国力衰退を予感し、青少年運動「ボーイスカウト」を提起した。第一次世界大戦の予想を超えた惨状に、厭戦気分が蔓延し反戦運動が起きたため、B‐Pはスカウトを国際的で平和的な野外活動団体へと路線転換したが、その方法論は彼の意に反して他国の為政者たちに利用されてしまう。大正時代に始まった日本の少年団運動にも大きな影響を与えた運動の軌跡を、B‐Pの生涯とともに描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ベーデン‐パウエルという人物
  • 第2章 大英帝国の危機とスカウト運動
  • 第3章 国家主義から平和主義へ
  • 第4章 日本の少年団
  • 第5章 1930年代の苦悩
  • 終章 スカウト運動とは何であったか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ボーイスカウト : 二〇世紀青少年運動の原型
著作者等 田中 治彦
書名ヨミ ボーイ スカウト
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.10
ページ数 182p
大きさ 18cm
ISBN 4121012666
NCID BN13307624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想