性の迷宮

山口椿 著

大胆なイマジネーションと繊細な言葉を自在に操り、谷崎潤一郎、三島由紀夫につらなる倒錯の美的世界を構築する孤高のアルティザン山口椿の「やおよろず倒錯学」と、うら若き女とくりひろげる神聖冒涜的性愛の情景を艶麗な筆致で描く散文詩ふう断章とをないまぜにした、「日常的感覚をひっかきまわす恐ろしい楽しさ」に満ちた山口ワールド。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • アルゴラグニ
  • se tordre dans la douleur-輾転と
  • 毒か薬か、薬か毒か
  • sans se h^ater-おもむろに
  • マスクメロンとムスク性的誘因物質
  • `a propos-その場にふさわしく
  • 同種への狩猟
  • quand m^eme-それでも…
  • 冬彦さんの哲学的命題
  • mais oui-そうですとも
  • 血糖値と躁型システム
  • conte de f'ees-お伽ばなし
  • 爬虫類的暴論
  • merle blanc-白いくろつぐみ(あり得ないこと)
  • 反射脳と情動脳と理性脳
  • vider son sac-打明けたところ
  • 眼には眼だが、どっちも犯罪〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 性の迷宮
著作者等 山口 椿
書名ヨミ セイ ノ ラビラント
シリーズ名 河出文庫
出版元 河出書房新社
刊行年月 1995.12
ページ数 238p
大きさ 15cm
ISBN 4309404669
全国書誌番号
96027579
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想