アウトソーシングという決断 : 会社からコンピュータが消える日

最相力 著

[目次]

  • 第1章 体験から得た貴重な助言
  • 第2章 見えない呪縛から逃れて
  • 第3章 「ヒト・モノ」経営資源の委託
  • 第4章 専務に直送した技術者メモ
  • 第5章 任せる領域と守りぬく領分
  • 第6章 活気あふれる役員会審議
  • 第7章 大いなる決断の日
  • 第8章 少ない条文に豊かな契約
  • 第9章 運用組織のまるごと放出
  • 第10章 最後の日を初日につなぐ橋
  • 第11章 もう後もどりはできない
  • 第12章 そして、サービスだけが残った

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アウトソーシングという決断 : 会社からコンピュータが消える日
著作者等 最相 力
書名ヨミ アウトソーシング ト ユウ ケツダン
出版元 ダイヤモンド社
刊行年月 1995.11
ページ数 205p
大きさ 20cm
ISBN 4478371695
NCID BN13606931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027538
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想