戦後日本の宰相たち

渡辺昭夫 編

総理の人物像を通して浮びあがる"国のかたち"。東久邇で始まり吉田・田中などを経て村山と続く23人の功罪を第一線の研究者が考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 東久邇稔彦-皇族のなかのリベラリスト
  • 幣原喜重郎-「最後の御奉公」と新憲法草案
  • 吉田茂-状況思考の達人
  • 片山哲-新憲法体制のトップランナー
  • 芦田均-インテリの文人政治家
  • 鳩山一郎-日ソ国交回復と憲法改正への執念
  • 石橋湛山-透徹した自由主義思想家
  • 岸信介-野心と挫折
  • 池田勇人-「経済の時代」を創った男
  • 佐藤栄作-「待ちの政治」の虚実〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 戦後日本の宰相たち
著作者等 渡辺 昭夫
書名ヨミ センゴ ニホン ノ サイショウタチ
書名別名 Sengo nihon no saishotachi
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.10
ページ数 517p
大きさ 20cm
ISBN 4120024954
NCID BN13326797
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027464
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想