ゴルバチョフ回想録  上巻

ミハイル・ゴルバチョフ 著 ; 工藤精一郎, 鈴木康雄 訳

世界冷戦構造に幕を引き、ソ連を解体した当事者が初めて語る、知られざる現代史の内幕。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 私の出自・学生時代・党生活(一九七八年十一月二十七日
  • 故郷スタヴロポリ道と私の少年時代
  • モスクワ大学
  • 実社会への旅立ち
  • 共産党幹部への道 ほか)
  • 第2部 クレムリン(書記長
  • もっと世論を
  • 経済改革-最初のテスト
  • 決定的な一歩 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ゴルバチョフ回想録
著作者等 Gorbachev, M. S.
Gorbachev, Mikhail Sergeevich
工藤 精一郎
鈴木 康雄
ゴルバチョフ ミハイル
書名ヨミ ゴルバチョフ カイソウロク
書名別名 Жизнь и реформы

Gorubachofu kaisoroku
巻冊次 上巻
出版元 新潮社
刊行年月 1996.1
ページ数 765p
大きさ 22cm
ISBN 4105320017
NCID BN13834743
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027408
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想