証拠は語る

デイヴィッド・フィッシャー 著 ; 小林宏明 訳

本書によって、世界最高の設備をほこるFBI犯罪科学研究所が、肉眠ではほとんど認識できないわずかな証拠品を最先端科学を駆使して検査し、犯人を割り出すまでの過程があきらかにされる。同時に本書は、FBI捜査官、あるいは検査官のありのままの物語でもある。彼らの驚かされるほどの直感力、忍耐力、科学捜査技術によって、完全犯罪と思われる事件が、いかに解決されたかを感動的に伝えてくれる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 驚異の世界
  • 2 死を呼ぶ小さな緑色の粒
  • 3 世界を組み立てなおす
  • 4 証拠の糸
  • 5 唯一無二のもの
  • 6 マッチ・ゲーム
  • 7 紙を追う人びと
  • 8 弾丸とナンバーワン
  • 9 濡れ衣と明らかな嘘

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 証拠は語る
著作者等 Fisher, David
小林 宏明
Fisher David.
フィッシャー デイヴィッド
書名ヨミ ショウコ ワ カタル
書名別名 Hard evidence

FBI犯罪科学捜査官のファイルより

Shoko wa kataru
出版元 ソニー・マガジンズ
刊行年月 1995.11
ページ数 444p
大きさ 20cm
ISBN 4789710432
NCID BN13863413
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想