平和権

川本兼 著

平和は人間の基本的権利だという思索上の『発見』がまったく新しい「現代革命」への展望を切り拓く。戦争論に一石を投ずる市民必読の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 途中経過のない平和運動
  • 第2章 戦争体質は風化する
  • 第3章 平和憲法は「普通の国」をもとめる圧力に耐えられるか
  • 第4章 平和の思想は日本人から生まれる
  • 第5章 平和のための革命
  • 第6章 革命は基本的人権でしめされる
  • 第7章 もはや国家は自衛権をもたない
  • 第8章 軍隊の空洞化-民衆による軍縮
  • 第9章 平和のスケジュールをつくろう
  • 第10章 社会党が「非武装中立政策」を放棄したのは歴史的必然だった
  • 第11章 革新の意味の変化と平和のための新政党
  • 第12章 「反徴兵法」の制定運動-平和のための新政党の基本政策
  • 第13章 新国歌を制定しよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和権
著作者等 川本 兼
書名ヨミ ヘイワケン
出版元 すずさわ書店
刊行年月 1995.12
ページ数 207p
大きさ 19cm
ISBN 4795401209
NCID BN13858672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想