パンとワインを巡り神話が巡る : 古代地中海文化の血と肉

臼井隆一郎 著

人間は動物を殺し、大地を傷つけ、植物を刈り取り、果汁を搾り取ってきた。この加害者としての人間の罪の意識は、人類の初期から宗教的儀礼の根底を形成していたと考えられる。本書は、葡萄と小麦の文化圏である地中海の沿岸各地の主要な儀礼を訪ね、ディオニューソス、ヘーラクレース、エレウシースのデーメーテール、ナザレのイエスなどの神話を巡り、日々食べ飲む存在としての人間の罪と贖いの意識の始まりを探る試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 パンとパパ
  • 第2章 食の英雄ヘーラクレース
  • 第3章 神の御名と種入れぬパン
  • 第4章 ワインの祭典
  • 第5章 デーメーテールの恵み
  • 第6章 パンとサーカス
  • 第7章 パンの神殿

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パンとワインを巡り神話が巡る : 古代地中海文化の血と肉
著作者等 臼井 隆一郎
書名ヨミ パン ト ワイン オ メグリ シンワ ガ メグル
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1995.10
ページ数 230p
大きさ 18cm
ISBN 4121012674
NCID BN13310505
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027374
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想