よみがえる縄文の都 : 三内丸山遺跡の衝撃

山崎謙 著

5500年の昔、東北は世界第五の古代文明圏だった。ロマンあふれる縄文大遺跡の謎を追う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 姿を現した巨大縄文集落
  • 第2章 遺跡が語る古代東北地方
  • 第3章 日本考古学の欠陥を検証する
  • 第4章 いま覆される日本の古代史

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 よみがえる縄文の都 : 三内丸山遺跡の衝撃
著作者等 山崎 謙
書名ヨミ ヨミガエル ジョウモン ノ ミヤコ
書名別名 Yomigaeru jomon no miyako
出版元 ディーエイチシー
刊行年月 1995.12
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 4887240716
NCID BN14347748
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027351
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想