働きざかりの心理学

河合隼雄 著

「働くこと=生きること」責任ある立場に立ち、人生の光と影を背負いながら誠実に働くことは、それだけで充分に難しいこと。「働きざかり」の世代が直面する"見えざる危機"を心身両面から探り、解決のヒントを提案します。「つきあいの功罪」「会議と疲れ」「妥協と協調」「男女の迷走」「いじめの病根」そして「中年の危機」。誰もが避けては通れない大切な課題を考えるための心のカルテ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 働きざかりの心理学
  • 第2章 働きざかりの親子学
  • 第3章 働きざかりの夫婦学
  • 第4章 働きざかりの若者学
  • 第5章 働きざかりの社会学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 働きざかりの心理学
著作者等 河合 隼雄
書名ヨミ ハタラキザカリ ノ シンリガク
シリーズ名 新潮文庫
出版元 新潮社
刊行年月 1995.5
ページ数 211p
大きさ 15cm
ISBN 410125222X
NCID BN12439233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96027280
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想