情報学の理論と実際

ブライアン・C.ヴィッカリー, アリーナ・ヴィッカリー 著 ; 津田良成, 上田修一 監訳

情報システム、検索、利用などの具体例の分析を通して、情報の伝達過程を科学的にとらえなおし、実務としての情報学の将来を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 情報学の歴史とその主題範囲
  • 第2章 情報への社会的アプローチ
  • 第3章 より広い文脈で捉えた情報伝達
  • 第4章 人間と情報
  • 第5章 情報検索
  • 第6章 意味と検索
  • 第7章 仲介者とインタフェース
  • 第8章 情報システム
  • 第9章 システムの評価
  • 第10章 社会における情報

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 情報学の理論と実際
著作者等 Vickery, A
Vickery, B. C.
Vickery, Brian Campbell
上田 修一
津田 良成
Vickery Alina
Vickery Brian C.
ヴィッカリー アリーナ
ヴィッカリー ブライアン・C.
書名ヨミ ジョウホウガク ノ リロン ト ジッサイ
書名別名 Information science in theory and practice. rev. ed

Johogaku no riron to jissai
出版元 勁草書房
刊行年月 1995.11
ページ数 540p
大きさ 22cm
ISBN 4326000163
NCID BN13548121
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
96023786
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想