神戸英米論叢  (10)

神戸英米学会

国立国会図書館雑誌記事索引 (通号: 10) 1996~;本タイトル等は最新号による;1号(1988)~;改題注記 : 「神戸論叢」の改題

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

[目次]

  • Michigander,Michiganite or Michiganian?--住民を表す若干の英語の接尾辞について / 木村正史 / p1~5<4026778>
  • 木村 正史教授略歴 / / p6~6<4026779>
  • 木村 正史教授研究業績一覧 / / p7~11<4026780>
  • 「序曲」における子どもと不道徳 / 穴吹章子 / p13~26<4026781>
  • ロマンティック・アメリカン--『アメリカ人』試論 / 長柄裕美 / p27~42<4026782>
  • 中間構文:主観性表示の枠組み / 松瀬育子 / p43~61<4026783>
  • Examining the representational validity of a prepositional network model of ON / 池野修 / p63~84<4026784>
  • 自負と偏見--自然探求の旅 / 土平紀子 / p85~101<4026785>
  • ハーバート卿の「プラトン的愛」について / 岡田典之 / p103~116<4026786>
  • オースティンの小説における「有用性」をめぐって--『マンスフィールド・パーク』・『エマ』・『説得』 / 中村裕子 / p117~142<4026787>
  • 『冬物語』における劇構造 / 団野恵美子 / p143~159<4026788>
  • D.H.ロレンスと風--`Song of a Man Who Has Come Through'論 / 石川慎一郎 / p161~177<4026789>
  • Saul Bellow--『フンボルトの贈り物』にみる S.T.Coleridge の理論 / 吉田倫子 / p179~195<4026790>
  • 英語の中間態に関する考察 / 馬田一郎 / p197~205<4026791>
  • A Semantic Approach to Tough Constructions in light of Carlsonian Ontology / 三木望 / p207~234<4026792>
  • Language Transfer in English Intonation: A Cause of Foreign Accentedness / 保坂華子 / p235~266<4026793>
  • イヴの再構築 ブレイクの目を通して見るミルトンのイヴ / 大野陽子 / p267~280<4026794>
  • Toni Morrison の Beloved における「言葉」 / 吉村育子 / p281~294<4026795>
  • 寄稿者一覧 / / p295~295
  • 1995年度修了者・卒業生論文題目一覧 / / p296~297
  • 神戸英米学会年次大会(記録) / / p298~298
  • 神戸英米学会規約 / / p299~299
  • 投稿規定 / / p300~300
  • 編集後記 / K.W. / p301~301

「国立国会図書館デジタルコレクション(雑誌)」より

この本の情報

書名 神戸英米論叢
著作者等 神戸英米学会
書名ヨミ コウベ エイベイ ロンソウ
巻冊次 (10)
出版元 神戸英米学会
刊行年月 1996-08
ページ数
大きさ 21cm
ISSN 09147160
NCID AN10106650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
00068011
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想